スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知

TBCラジオに出演決定!
4月26日(土)朝6時30分からの番組・ラジオマガジン『アーリーバード』にて、ババァの皆さん、東京の毒蝮三太夫さん、スタジオの渡辺敏之アナウンサーと楽しいトークをします。ぜひ、お聞き逃し無く!
ババァの正体も、明らかに!?
スポンサーサイト

ババァ川柳 5月2日発売予定

めちゃくちゃオモシロイ!

P1010647.jpg
仙台のババァ3人、河出書房新社に到着!
IMG_0213.jpg
マムシさんから直筆のサインをもらって大喜び
IMG_0185.jpg
河出書房新社の目の前にある国立競技場

3月3日、シルバー川柳のレギュラー投稿陣である偉大なる3人のババァ(失礼!!!!!)の皆さんと、東京珍道中の旅へ。
千駄ヶ谷にある河出書房新社へ行って毒蝮三太夫さんとババァとの対談を楽しんでまいりました。「人生で最高の日でした。ありがとう!」と皆さん興奮がしばらく冷めなかったようです。

『シルバー川柳傑作選 
 毒蝮三太夫が選ぶ「ババァ川柳」(仮)』
 5月2日発売予定です。

震災復興

カッコイイ、ジジィと新聞に会った!

P1010621.jpg
岡田新聞
P1010620.jpg
西原新聞
P1010619.jpg
たかさGO新聞

宮城野区文化センターで開催された震災復興交流事業「あなたのオモイ それぞれのカタチ」という9日間に渡るイベントの中に設けられた「ミニトーク 川柳でつたえる」という催しに出演させていただき、対談した和田町内会会長の高橋實さん(77)が詠まれた川柳に感動いたしました。

復興に 何が出来るや 若返れ

自らも被災しながら地域の先頭に立ち、不眠不休で復興に尽力されてきた高橋さん。ガレキだけではなく老いとの格闘にも挑まれています!

会場にはその和田さんの投稿した川柳が掲載されたミニコミ紙を始め、被災地の素人のみなさんが手作りで作ったと思われるミニコミ紙が掲示されていました。派手さはありませんが、どんなにか大変な中で「誰かの役に立ちたい。負けてなるか!」と頑張って作られたことか。胸がジーンとなり、初心にかえる思いで読ませていただきました。

シルバー川柳の講演

埼玉へ

P1010600.jpg
パワーポイントを使って講演
P1010594.jpg
ホームのロビーには25年の歴史に関する写真の掲示も

2月21日、埼玉にある有料老人ホーム・センチュリーシティ大宮公園(長谷工グループの高齢者住宅)から講演の依頼をいただき、シルバー川柳に関する講演をさせていただきました。創立25周年を記念しての創立記念講演会とのことです。いろいろ熱心に調べられて筆者が講演もしているという情報をキャッチしたそうで、職員の方々が一生懸命、入居者の皆さんを楽しませていらっしゃることに感動いたしました。

講演した内容です。
◎シルバー川柳・傑作選の鑑賞
 ※まずはシルバー川柳を楽しんでいただき、その魅力を堪能していただきます。

◎シルバー川柳の誕生まで
 ※シルバー川柳の誕生したエピソードを簡単にご紹介いたします。

◎投稿者とのエピソード
 ※いろんな投稿者(悲しみを乗り越えた方、病気と闘っていた方等)の作品をエピソードを交えて深く味わいます。
 ①艶っぽい川柳にビックリ! ②芽生えかけた恋 ③末期がんと闘いながら病床で詠まれた川柳
 ④脳梗塞を患いながら川柳を投稿 ⑤デイサービスで「川柳の会」が誕生 ⑥特別養護老人ホームから投稿
 ⑦娘を失った悲しみを川柳で克服 ⑧よみがえった最長老の投稿者

◎津波に耐えた川柳
 ※東日本大震災の直後に寄せられた川柳、“津波に耐えた川柳”のエピソードをご紹介いたします。

◎シルバー川柳とは
 ※最後のまとめとして、シルバー川柳の素晴らしさなどを解説いたします。

◎あなたも川柳達人(○○クイズ)
 ※川柳の言葉を埋めるゲーム的なものもいたします。

毒蝮三太夫さんが仙台で講演 

シルバー川柳の本を会場で

P1010427.jpg

1月31日、シルバー川柳の本の帯で毎回お世話になっている毒蝮三太夫さんが来仙。
講演の会場となった東京エレクトロンホールはあいにくの大雪にもかかわらず満席に近い状態で熱気にあふれていました。会場には手作り品やクッキーなどいろんなお店も並んでいて、その一角でシルバー川柳の本も販売させていただきました。マムシさんの講演を聞きたいと、シルバー川柳を担当している河出書房新社の編集者とフリーライターの方が東京から来られて講演を楽しまれていかれました。講演後、メトロポリタンのレストラン個室で、マムシさんを囲んでTBCの渡辺アナと河出書房新社の皆さんと楽しく雑談。マムシさんが帰られた後、せっかく仙台に来られたのだから美味い刺身でもと思って、お二人を東屋にご招待。「こんな美味しい刺身は初めて」「そうだろう!」と東屋の親方。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。